バーチャルFXのススメ

仮想取引のススメ

仮想取引(バーチャルえふえっくす)は、外為業者が提供する擬制口座(デモ口座)によっておくされた擬制moneyによって、かくしゅちゃーと(各種チャート)などを見ながら為替相場を予測し、実際の取引を体験できる、『外国為替取引擬制売買セット』をいいます。
眼目な業者であれば適用するしているところも多いですから、FX初心者の方は取引業者を決める前に、デモ取引でFXのセンスを磨いてから本番に臨むのがいいでしょう。

相場の先知をして、どの通貨をペアで買うか、その時の投入軍資金、証拠金とレバレッジの関係、想定する利益計算、損益を抑えるロスカット計画、売り込む買いのタイミングなど、トレード計画は重要な要素です。FX初心者であれば、なおさら投資計画に慎重になるべきです。
えふえっくす(貨幣証拠金取引)を初めて見聞される初心者の方にとって、最初から外為業者に相手自己のお金を入金して、いきなり取引を出発点るのは相当な沈勇がいることでしょう。事前の学習期間で学識を詰め込んだとしても、実際の為替の動きは先知から上に早く、変動が激しいモノだと感じるかも知れません。

まずはバーチャルでしっかりとチャートを見つめながら、わからないことがあった時は、FX超初心者入門〜平均足で1万円から3億円稼ぐ道〜などで平均足を勉強してみるのもいいかもしれません。

 

仮想外国為替証拠金取引運営業者
■FXcafe

■為替ゲームFX1
■バーチャルFX

多くの場合は、はじめに500万円の擬制資金を与えられて、外国為替証拠金取引を体験できるようになっています。残高が0円になってしまっても、もちろん問題はありません。
仮想外国為替証拠金取引とは、ゲーム感覚で参加できる擬制の外国為替証拠金取引売買です

外国為替証拠金取引は最近では一番人気のある貨幣投資の商品です。素ヒトの主婦でも数億円の純益を上げた例もたくさん耳にしていると思います。そんな外国為替証拠金取引も投資ですから、
実際に外国為替証拠金取引投資をしているヒトでも、仮想外国為替証拠金取引を利用すればシミュレーションが成り行くになります。自分の考えた投資手法で、どれだけの純益を得ることができるのか、お金を1円も使わずに検証することができるのです。

まずは仮想外国為替証拠金取引から始まりてみてみましょう

 

仮想外国為替証拠金取引でシミュレーションも成り行く
ある加減のリスクは突発してきます。外国為替証拠金取引売買に慣れるために、現実と同じExchangeレイトを適用した仮想外国為替証拠金取引の参加をお勧めします。

仮想ですから、もちろんお金は要するありません。各外国為替証拠金取引業者が主催する仮想外国為替証拠金取引にエントリーするだけで、現実のExchangeレイトと連動した外国為替証拠金取引売買を仮想で体験することができます。

バーチャルFXでしっかり負けよう!

ハイリターンを待望してFXを開始する方も多いようですが、リスクもまた大きいことを理解して、実際に損失体験をすることも入り用です。あえてバーチャルFXで惨敗して、リスクを事先立ってに知っておくことが、リアルトレードをおこなう上でも教訓として生きてくるでしょう。
このサイトでは、現役外国為替証拠金取引トレーダーが、バーチャル・外国為替証拠金取引をゲームとしての仮想取引だけではなく、仮想取引からより実践的なトレード製法を身につけていただけるトレーニング製法を紹介します。

FXの仮想取引では、リアルマネーではなく擬似マネーで取引を行いますから、自らのお金を使わずに実際の相場を想定した環境で外国為替証拠金取引の取引を体験できることになります。
どんなに壊滅的な損失が出たとしても、実際の資金は一銭も減ることがないのですから。

特に、外国為替証拠金取引初心者にとって仮想取引を利用する意義は、実際のトレード感受性を養うほかに、トレードの惨敗パターンをより多く体験することにあります。リアルマネーを使って絶対するべきではない取引パターンも、このバーチャル取引であれば奔放に体験が応需です。

FXの注文方法

指値オーダー

指値オーダーとは、あらかじめ指定したレイトに達した時に、オーダーが行使されるオーダー方式です。

成行オーダー

成行オーダーとは、現今提示されているExchangeレイトでバイバイするオーダー方式です。

逆指値オーダー

逆指値オーダーとは、指定したレイトを超えた時にオーダーが行使されるオーダー方式です。指値オーダーと似ていますが、損失の拡大を防ぐもくてきで、指定したレイトを超えた場合にコンピューター任せ的に反対バイバイをして決済する「ストップロス」機能として活用されます。

IFDオーダー

IFDオーダーとは、「IF DONE(イフ、ダン)の略で、買いオーダーと同時に、買いが成立した場合のショートオーダーも同時にだせるオーダー方式です。

OCOオーダー

OCOオーダーとは、2種類のオーダーを同時に出しておき、一方が成立したらもう一方はキャンセルされるオーダー方式です。保有しているpositionの大儲け確定オーダーと、損失確定オーダーを同時に出して、予測界域内のねうごきでpositionを処理するときに使われます。

トレールオーダー

トレールオーダーとは、逆指値オーダーに値幅指定機能を付けたオーダー手順です。たとえば、上昇局面のpositionを持っていたとして、上昇する限り保有していたいが、下
降局面に移った場合に処分してしまいたい時に使います。「現時点火でのレイトよりも何ポイント下がったら売却」というようなオーダーになり、上昇する限り「現時

点火でのレイト」も上昇していきますので、大儲けを最大限に確保できるオーダー方式と言えます。

IFOオーダー

IFOオーダーとはIFDオーダー+OCOオーダーのことです。IFDオーダーで大儲け確定を予測した買いとショートのオーダーを出しておいて、買いが成立したあとはOCOオーダーに移行します。予測通りのねうごきであれば大儲け確定のショートが成立し、予測をはずれた場合は損失を限定するためのショートオーダーが発動します。IFOオーダーを出しておけば、ポジションの保有から処分までコンピューター任せ的に行われます。